小粒でもピリリと辛い

チビ目線から日本に物申すブログ。

入園相談窓口に行ってみた@中野区

先日、認可保育園についての情報収集のため、

中野区役所の保育園 入園相談窓口に行ってきました。

目的は以下3点。

  1. 新しい募集要項の入手
  2. 点数カウント方法についての疑問解消
  3. で、ぶっちゃけどうなの?

結論から言うと、まぁ想像通りでした。

丁寧にご対応いただいたのはありがたいのですが、状況が悪いことに変わりはなく…。 

 

1. 新しい募集要項

平成28年11月発行版から特に変更なし。

平成30年度版は、平成29年11月頃に発行予定。

今のところ、申込スケジュールは例年通りとのこと。

 

2. 点数カウント方法についての疑問解消

育児時間制度を使用する(時短勤務となる)場合の申請について確認。

「●時間以上の就労を常態とする〜」の点数をつける場合、

「契約」の変更により勤務時間が変わる場合は点数が下がってしまうが、

「制度」利用により勤務時間が変わる場合は点数への影響はないとのこと。

 

3. で、ぶっちゃけどうなの?

申込者の9割以上が、両親フルタイム+就労継続で42点。

中野区の北部は小規模保育施設がここ数年で増えたが、

南部・東部は増えていないため、待機児童が多いとのこと。

小規模保育施設が1つ増えるだけでも、状況は変わるらしい。

 

ここからは、認可外の園を見学した時に聞いた話ですが、

認可の選考基準って、結局よくわからないみたいです。

シングルマザー・ファザーでも落ちた例があるという話、

早い月齢の子が優先されているという話…腑に落ちない話ばかりです。